人気ブログランキング |

中小企業診断士受験生の日々を綴ります。


by ki_ta_san
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

予備校選び・・・。

 これからどう学習するか悩む。
 さっさと決断すればいいにもかかわらず、どうでもいいことで延々と悩む。
 誰かコーチングしてください・・・。
 以下検討案です。

①引き続きマンパ通学+TAC通信
 今年はこれで勉強した。
 ただ今度は長野ではなく東京のマンパ(二次再学習)に通学になる。
 メリットは、両社に慣れているし信頼できることと、再学習者の集まりなこと。
 二次試験は信じて予備校の色に染まる的な部分があるので、できればこれを選びたい。
 デメリットは、マンパ通学23万円、交通費27万円!、TAC通信10万円、計60万円の費用負担+早朝の割安の新幹線で通学しなければならないこと。
 夜型の自分には、学習スタイルを再構築させるという点でも辛い。
 交通費27万といえば高価だけれど、自分徒歩通勤で、東京の人は通勤定期で月2万とかかかっていることを考えればしかたないか??

②TBC通学+TAC通信
 マンパを諦め、TBCの本科総合コースを選んでみる。
 通学回数も少なく、午後から講義で朝はゆったりバス通学可能。
 メリットは、少人数クラスに程よい頻度通えて、モチベ対策によさそうなこと。また、TBC通学14万円、交通費22万円、TAC通信10万円、計46万円の費用負担で済むということ(高額だがまだマシ)。
 デメリットは、再学習用のコースが無いためか、正味の演習は20事例ほどなこと。マンパ通学だと36事例程度で、TAC通信だと32事例程度。

③合宿参加OR通信独学
 AASの合宿を見たときはこれだと思いましたが、やはり二次試験の特徴上、慣れない人が参加しても低得点しか取れないのか・・・。明日話を聞いて考えます。
 マンパとTACの通信独学だと費用も比較的安く、多くの事例に触れることが可能そうです。時間も有効活用できます。
 デメリットとして、一人で黙々と多くの学習をすることが、診断士2次の勉強方法として適切かどうか。

 明日東京に出かけて、いくつかの予備校の話を聞いてみます。

これからやることリスト:①お金が底をつく。スポーツジムをやめる。②勉強を早期にスタートさせる意味からも、TACの通信に申し込む(どうせ優待券あるし)。③株の処分。いろいろ時間を食ってる。
by ki_ta_san | 2005-12-03 15:51 | 診断士