中小企業診断士受験生の日々を綴ります。


by ki_ta_san
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

<   2005年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

一次学習その2

 つまんなかったのか、アクセス数大幅減ですが、途中でやめるのもなんなので、まだまだ続いてしまいます・・・。

⑥新規事業開発
 制度が変わってどうなるのでしょうか?
 去年は特別つかみ所のない科目でした。
 講義は短期間で終わったのですが、1週間でカードを作り、総合問題集、択一道場と解くのはたいへんでした。
 ここから科目まとめテストがマークシートに変わりました。
 68点(202位/386人)でした。

⑦経営法務
 運営管理と同様、足切要注意の科目です。
 でも、特別な対策はせず、相変わらずきたメソッド(講義→レジュメ後半問題集→総合問題集→情報カード作成→択一道場)で学習。
 私はアウトプット学習だけで乗り切りましたが、かなり難しいです。
 授業は絶対に休まずに出たほうがいいと思います。
 このあたりから、択一道場レースに参加。
 後のほうが高得点が取れるとか余計なことは考えず、問題集を解いたら即チャレンジしたほうがいいと思います。
 自分は、二次学習が8月からのコースだったので(他に選択がなかった)、独自に二次学習もスタートさせる。
 時間がある週に、過去問に目を通し、軽く解きだした程度の学習です。
 両方選べる人は、財務がひどく苦手とかではない限り、8月短期集中コースより一次二次併習コースを強くすすめます。
 さらに、二次学習をする中で、財務会計の力不足を感じ、問題集「ロジック財務」を解き始めました。
 科目まとめテストは76点(125位/358人)と、初の平均越え!
 っていうか、都会の受験生達、家で解いて出してない?

⑧経済学
 自分は理系人間だったので、過去の蓄積など一切無くすべてが初見の問題で、非常に苦労した科目の一つです。
 グラフで解くのがポイントですね。
 相変わらず、きたメソッドで学習。
 参考書を読んだり入門書を読んだりとかは、一切しませんでした。
 科目まとめテストは72点(76位/326名)。
 はじめて成績表に名前が載るが、なぜこの苦手な経済学で?

⑨中小経営
 またまた、きたメソッドで学習。
 白書は、厚くて気力がなえますが、授業で先生が説明したところ、演習で出たところを中心に、グラフ中心で何度も読み込めば、やがて頭に入ります。
 どうしてもあの厚さが嫌な人は、マンパで受験用要約版白書を売っていますので、それを使ってもいいのかもしれません。
 私の場合、問題は施策でした。
 情報カードにまとめましたが、あとあと増えていく施策にとても対応できず、途中で放棄。
 途中から、「クイックマスター白書・施策」を買ってきて、先生の説明があった、演習で出たところをチェックし、それを覚えるように変更。
 時間短縮できて、後々よかったです。
 科目まとめテストは146点(146位/257人)でした。
 初学者は、覚えなければならない量が膨大で面食らいますが、この科目はこの時期ついていけなくても、後半で十分追い込めます。
 
⑩中間模試後半
 後半4科目で、338点(135位/585人)でした。
 内訳は、新規A、法務B、経済S、中小B。
 上位23%でうれしかったですが、問題はこの次の答練にありました。

 書いているほうも、二字落ち濃厚でこんなこと書く資格あるのか悩みますが、その3最終直前期待策へ続きます・・・。
[PR]
by ki_ta_san | 2005-11-26 20:18 | 診断士
 来期2次学習に向けて、部屋の整理をしています。
 今年の各種テストも棄ててしまいますが、何を思ったかその前に去年の学習法・点数を記録・公開してしまいます。
 マンパ通学初学者には、少しくらいは役立つと思ったのですが・・・。

○はじめに
 最初に、勉強のハツゥー本を買うことをすすめます。
 難関試験ですし、一次でもチャレンジした人の半分以上は落ちてしまいます。
 時間が経過する前に、効率のいい勉強方法を手に入れましょう。
 個人的には、診断士ノウハウ本(80分間の真実OR大合格作戦)と、学習ノウハウ本の計2冊くらいを読むことをすすめます。
 勉強の2:8の原則とか、サブノート(情報カード)の作り方について、いちいちここでは書ききれません。
 合格体験記ですが、苦労して限界で受かった人ほど、合格方法は個性的になり、普遍的な部分は省略されたりするらしいので、割り引いて読むべきだと。

 次に共通することですが、診断士の勉強は幅が広く、一次に関しては比較的勉強量と成績が比例するのが特徴です(どんでん返しの足切り有り)。
 アウトプット中心の学習、あまり手を広げすぎないことと(同じ問題集・モシを繰り返し、基礎的問題の失点を無くす)、二次を意識してなるべく書く(マークシートはほどほどに)、スキマ時間を有効活用することなどが主要ポイントかと。
 暗記を悪者にする人がいますが、ある程度は必要です。
 ただの暗記ではなくて、体系的に、連携させて、違いを意識して、スキマ時間を有効活用して覚えましょう。

①企業経営理論
 いきなり診断士の花形最重要科目ですが、興味を持って取り組めば落ちこぼれる可能性は低いと思います。
 最初、勉強方法がわかりませんでした。
 とりあえず、教科書の章末の例問題をノートにまとめました。
 かなりの時間・量になりました。
 途中から、戦友のY君と、市販問題集択一道場800問を範囲を決めて毎週解いて、問題を出し合いました。
 これだけやれば、科目まとめテストは上位を狙える!と思いきや、得点は72点/200点。(333位/499人)でした。
 がーん!

②財務会計
 得意苦手がはっきり分かれる、最初の山場だと思います。
 この科目はノートを作っても仕方ないので、学習方法としては、レジュメの後ろの問題集→マンパ総合問題集→択一道場の完全アウトプット型にしました。
 合格ノウハウ本に、「簿記のイロハも知らなかったけれど、短時間学習で合格しちゃいました!」的な手記がよく載りますが、私には信じられません。
 借方貸方、仕分けを知らない人は、かなりの学習時間を見込む必要があると思います。
 財務会計のみならず、他の科目への影響も大きいです。
 科目まとめテストは46点(232位/442人)でした。
 がーん! 

③運営管理
 17年度試験では広範囲なわりに100点しかない、暗記の多い科目でした。
 2次につながるので、他の100点科目以上の価値があります。
 自分はここらへんから、ペースをつかみました。
 学習方法としては、レジュメの問題集→マンパ総合問題集→情報カード作成→択一道場(以降きたメソッド?)の流れを確立。
 情報カードは、サブノートほどではないものの作るのに時間がかかる反面、スキマ時間を有効利用して何度も繰り返して体系的関連暗記できますので、お好みで。
 私はロジックツリーを活用せず情報カードで体系的に理解しましたが、後になるにつれてレジュメロジックツリーもなかなかすぐれものだと思うようになりました。
 スケジュールは土曜日講義、その夜レジュメ問題、日曜総合問題集・情報カード、平日前半(月)情報カード残りを仕上げ、中盤以降(火水木金)で択一道場2回転、、、のパターンでしょうか。
 時間にしては、土曜日講義5時間・自習2時間、日曜日6時間、平日平均2時間弱くらいの学習、スキマ時間の情報カード学習をあわせて、週25時間程度の学習が以後も続きました。
 こんどこそとランキングをと臨んだ科目まとめテストは43点(211位/402人)。
 科目まとめテストに不信感が芽生える・・・。

 各科目、取るべき基礎問題を絶対に取りこぼさないのが、一次試験の鉄則・大原則でした。
 たとえば、今年の運営管理でしたら、エシェロン在庫みたいな単発高難易度知識問題なんて、棄てるしかないと思います。
 逆に、基本的な計算問題を取りこぼした人は、その分を他の問題で取り返すのは至難の業だったと思います。
 計算問題2問が正解して、あと基礎的な問題を4問程度押さえて、残った問題は消去法で確立を上げてマークして(勘マークが大はずれする可能性も有り、本当に怖かったです)、それでかろうじて50点キープというのが今年の運営管理の対処法だったかと思います。
 もしそれ以上の得意科目養成・差別化を目指すなら、二次に関連のある上記3科目を鍛えるのがセオリーかと。

④経営情報システム
 パソコン用語辞典が必須です。
 企業経営理論は、自分でテキストを読んでも意味があったと思うのですが、時間がない人は財会、運管、情シスは講義でインプットを終わらせて、後は問題演習→間違ったところの復習・暗記のアウトプット学習で十分だと思います。
 自分はきたメソッドで学習。
 長野教室は科目まとめテストはなく、家で解いて解答提出。
 60点(177位/340人)
 科目まとめテストを家で解いても、教室で解いた人と同じ条件で採点・順位付けされることを知る。

⑤中間テスト上期
 当初これで上位30%に入ることを目標にしていました。
 結果、前半4科目で、304点/500点(211位/671人)。
 内訳は企経B、財会A、運営B、システムAです。
 なぜか科目まとめテストより、全然いい順位でしたが、上位31%と目標には一歩届かず。


 もう、疲れましたw
 果たして後半に続くのか???
[PR]
by ki_ta_san | 2005-11-22 22:27 | 診断士

続TACの株主優待券

 先週の話ですが、TACの株主優待券が届きました。
 買ってしまった人はご存知でしょうが、TACの株主優待券が制度改悪し、現行の「定価の10%又は2万円オフ」から平成18年3月分より「定価の10%オフ」になるとの通知が同封されていました。
 いきなり4ヵ月後の話かよ・・・。
 年間4回の使用制限もついて、それはもう今回からの適用とのこと。
 他にも、株主優待券の会計専門職大学院の適用除外とか、盛りだくさんの内容。
 去年は年間下落率ワースト3に選ばれるし、今年は株主優待制度を唐突に変更して優待の価値をゼロにするし、なんかキングオブ糞株だな・・・。
 金曜日その通知が来て今日売ろうとしたら、皆同じことを考えているのか、どーんと値下がりして売れませんでした。
 明日、さらに安値でも売り払うべきか、落ち着くまでアホールドするべきか?
[PR]
by ki_ta_san | 2005-11-14 22:28 |

その後

 土曜日おばを見舞いに茨城に。
 おばは病院のベットでうなされ、会話もできず。
 そのまま、母の実家に泊まる。

 夜の2時ごろ突然起こされる。
 おばの容態が急に悪化し、亡くなったとのこと。
 そのまま病院にいき、遺体と対面。
 一緒に家に帰る。

 日曜朝、ちょっとだけ寝て目を覚まし、たずねてくる遠い親戚と会話。
 お昼にバスを乗り継いで長野に戻る。

 今朝朝6時半に起きる予定が寝坊。
 あわてて出張。
  
 明日は新幹線で再度茨城に。
 告別式だけ参加して、長野にとんぼ返り。

 明後日から再度出張。
 ホテル泊まり。

 しんどい。
 ここまでいろいろ移動するのは珍しいので、なんとなく日記に書いてみる。
 
[PR]
by ki_ta_san | 2005-11-07 21:55 | 日常徒然

そろそろ再始動

 おひさです。
 試験後遊んでましたが、今週末は入院した東京のおばの見舞いに行き、その後来週から勉強を再始動させます。
 50%の勉強ができないタイプなので、損なのか得なのか。
 
 先週末、長野県2次受験者の会?で集まり、先輩からいろいろアドバイスをいただいた。
 非常に参考になりました。
 で、長野から東京に講義に出ていた話を聞き、自分も隔週講義の東京の予備校をチェックしてみた。
 すると、MMCはすでに講義申し込みが満員終了しています。
 一次じゃなくて、二次再受験のコースですよ。
 合格発表まだなのに、なぜうまる?
 つーか、そんな弱気でいいのか?

 ↑2005年のコースでした・・・・。
 一部コースは今でも申し込めるようなリンクのし方だったので、勘違いしてしまいました。

 TBCも隔週講義らしいので、東京出たついでに、説明会に出てみるか?
 それともやっぱり、通信孤学+マンパの合宿か。
 早く腹くくらないと。
 しかし、この試験に関しては地方不利だよな~。
[PR]
by ki_ta_san | 2005-11-04 23:43 | 診断士