中小企業診断士受験生の日々を綴ります。


by ki_ta_san
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:自己紹介プログポリシー( 3 )

中小企業診断士試験とは

 匿名ブログのつもりが徐々に顔ばれしてきて、診断士試験がどういうものか聞かれることもあり、自己紹介を兼ねて試験の説明をします。

1.資格の概要
 中小企業の経営課題に対処するための国家資格です。
 たとえば税理士のように独占的に行える業務は無く、その点では意義の乏しい資格ですが、試験科目が実務に直結する上、働きながらの合格が可能なので、コンサルタントに限らず、意欲的なサラリーマンや金融機関職員にも人気のある資格です。
 日本版MBAといったところでしょうか。

2.試験の概要
・1次試験
 ①経済学(マクロ経済学・ミクロ経済学)、②財務会計(簿記・管理会計・ファイナンス)、③企業経営理論(経営学・人的資源管理・マーケティング理論)、④運営管理(生産管理・店舗運営管理)、⑤経営法務(民法・会社法・知的財産権)、⑥経営情報システム、⑦中小企業経営・中小企業政策(中小企業白書・中小企業施策)の計7科目。
 マークシートの試験で、各科目orトータルで6割を取ればクリアになります。
 大体1次試験の合格率が20%くらい。
 科目合格もあり、3年かけて各科目をつぶすこともできますが、最後の年に苦手科目を取りこぼせば1年目の科目をまたやり直しですし、非効率です。
 1次試験をクリアした年および翌年に2次試験の合格資格が得られます。

・2次試験
 ①組織人事、②マーケティング・流通、③生産・技術、④財務・ファイナンスの計4事例。
 今度は論述形式の試験で、これまた合格率が20%弱くらい。
 1次試験は記念受験の人とかがいて実質合格率はもっと高いですが、2次試験は年1,000時間程度の勉強をした真剣な受験生同士がつぶしあって合格率17%とかなので、人によっては非常に苦労します(自分)。
 ちなみに2次試験を受けずに、中小企業大学校に半年通って資格を得る手段もあります。

3.合格後
 わからない(笑)
 「独立するの?」と聞かれますが、資格を取って独立する人は少数派です。

4.その他
・難易度
 弁護士・会計士・税理士・弁理士・司法書士とくらべると明らかに簡単。
 社労士とどちらが難しいか議論になる程度の難易度。
 専門性は低い資格ですが、科目が幅広い上にマークシートと論述があって、やっぱりそれなりの難易度です。

・学習方法
 予備校通学が一番楽そう。
 少なくとも1年目は予備校通いがお勧めです。
 独学で一発で通った人も見ましたが、よほど本人の資質が高いか、周囲に受験生が複数いるか、過去にMBAにチャレンジしたことがあるor経営学修士くらいでないと、普通は無理そうです。

・どの予備校がいいですか?
 ネット内でよく評判になるのが、1次2次総合では、TAC(大手予備校。1次最強?受講料が安い割りに講座の質が高い)、日本マンパワー(診断士専門で大手。テキスト・講師ともいいが、受講料が割高)、大原(気に入って勧めている人がいるが、私はよくわからない)など。
 LECは大手で価格は安めすが、診断士はそんなに聞きません。
 ユーキャンが一番安いが、テキストがよくヤフオクで叩き売りされてました。
 2次専門ではMMC(小さい予備校。添削がとても丁寧。答案再添削無料と思えば安い)、アソシエ(ここも小さい予備校。石原先生についていきたかった)、TBC(私はよく知らない)なんかの評判をよく聞きます。
 無料説明会をやっていたり、やっていなくても電話で依頼すれば10分程度講座の説明してくれるはずですので、自分でじっくり比較検討してください。
 家や職場からの近さも重要かも。
 通常は10月前後から講座がスタートする場合が多いが、科目合格制度になっていつからでも通学可能な体系になっていることが多いです。

・どの参考書・問題集がいいですか?
 いろいろあって比較不能。
 好みはありますが、TACのスピードテキスト(重点をきちんと網羅している反面それなり細かい)・スピード問題集(科目間で難易度のばらつきが大きい)はとりあえず良です。
 TBCのクイックマスターシリーズは一見分量が少なくてよさげですが、反面書き足りなく模試ででたことが書いてなかったりして、私はあまりいいと思いません。
 マンパのテキストは好評のようですが、書店での入手は不可。
 ヤフオクか知人を通じて、最新のテキストがレジュメのロジックツリーと一緒に手に入った場合はいいと思いますが、そこまで無理をしてまで手に入れなくてもTACのスピードテキストで十分かと。
 以前はマンパワーのロジック財務問題集なんかが評判でしたが、今日さすがに古い気が。
 何を使っても、合格している人もいれば不合格の人もいます。

・気になる、チャレンジしてみようかな
 科目合格がある、1次通れば2次を2年受けれると言っても、最終合格率4%とかなので、マジでチャンレンジしたい人だけどうぞ。
 理系の人間でもシステム屋さんでも、短大でぜんぜん違うことを学んだ人間でも、簿記3級以上の知識があれば、後は本人の(必死の)努力しだいでなんとかなるのがこの資格のいいところです。
 特に長野の受験生は、切磋琢磨しあって一緒にがんばりましょう。
 ちなみに、「こんなの時間があれば軽く取れる」とか軽々しく口にする人間には、絶対に取れないレベルの資格です。
[PR]
by ki_ta_san | 2008-03-22 20:13 | 自己紹介プログポリシー

自己紹介

 今さらですが、自己紹介を追加です。
 初めて来た人が見るところです。
 気が向いたときにちょびちょび書き足して、長文自己紹介にする予定。

 自分は1971年に神戸の須磨で生まれたらしい。
 小さいうちに北区に移り、小学校中学校と山中で過ごす。
 神戸出身といわれるといいところだねとよく言われますが、自分が住んでいたのは六甲山の北側の有馬温泉のそばの、ごみごみとしたニュータウンでした。

 高校は街中に進学。
 朝晩満員スシ詰め電車に1時間揺られる生活が嫌になり、なんとなく自然にあこがれたこともあり、これから何か幸せなことが起こるに違いないという根拠の無い漠然とした思いを胸に、長野県の大学に進学する。
 専攻は農芸化学です。
 いわゆる、ひところはやったバイテクってやつですね。

 1年目は松本に住む。
 日々が新鮮で楽しかった。
 2年目から6年目までは伊那に。
 何を思ったが院に進むと同時に意欲をなくして、学んだことと全然違う今の職場に就職。
 今でも後悔して、たまに夢に出てきて目が覚める6年間でした。

 実家に帰るのがめんどくさかったのか、地震でちょうど就職がないときだったのか、そのまま長野県で就職して居つく。
 仕事は苦労していろんな折衝係→経理→監査と働いていますが、まだまだ道は遠い。

 気がつけばもはや30半ば。
 昔ここに来るとき胸に描いた夢のいつくが実現したのか。
 一体何のために、何をやっているのか。
 自問自答の日々です。
[PR]
by ki_Ta_San | 2007-04-20 21:44 | 自己紹介プログポリシー
 多くの方にはいまさらですが、ブログ改造による自己紹介の追加です。
 初めて来た人が見るところです。

 名前は、きたといいます。
 年齢は30歳半ば。
 地味なリーマンです。
 長野で、中小企業診断士という経営コンサルタントの資格取得を目指して、日々学習中です。
 このブログは、その過程を書いているものです。

 戦歴としては、まず平成16年に軽い気持ちで受験して、余裕の一次敗退。
 平成17年予備校に通学して本格チャレンジし、1次試験はクリアするも、二次試験で敗退。
 平成18年は1次2次両方不合格という不本意な結果に終わり、来季に向けて始動しはじめたところです。

 趣味は山登りと旅行でしたが、封印中。
 現在、働いて勉強して寝るだけの生活です。

 ブログは、モチベ維持と情報交換を目的として書いています。
 具体的には日々の学習の感想、各種模試の結果などを書きます。
 更新頻度は、週2~3回です。
 あまり時間をかけずに書きたいことを書きなくっていますので、誤字や変な表現もあるかもしれません。
 日記形式なため、本人一部知人しかわからないことも書いているかもしれません。
 マイナーなブログですので、変なことを書いていても影響力は無いので、無視してください。
 それでもいいって人だけ、読んでください。
 ブログ記事・コメントについては、著作権は作成者にありますが、適切な引用権なら認められますので、もし必要でしたらどうぞ。
 
 あまりパソコン・ネットは得意でないです。
 日ごと訪問者数以外は、訪問者の解析はしていません。
 商業的で本日記に関係ないTB、コメントは制限・削除する場合があります。

 ここを見たのも何かの縁、コメント等よろしくおねがいします。
 また、ここを定期的にごらんの方、相互リンク大歓迎ですので、ぜひよろしくお願いします。

 メールはこちら。
 kitaga09 ☆ yahoo.co.jp
[PR]
by ki_ta_san | 2005-12-22 22:10 | 自己紹介プログポリシー