中小企業診断士受験生の日々を綴ります。


by ki_ta_san
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

二次試験不合格再現答案:事例4

 さて、最後の事例です。
 今振り返ると事例3までですでに終わっている気もしますが、試験時はそこまで気付いておらず、最後の一事例さえ決めれば長かった戦いを終えられると、淡い期待を持っていました。
 
 試験が始まり、キャッシュフロー計算が無いのに驚きながら、第2問から手をつけました。
 ところが、いきなり比較B/S、P/Lがあいません。
 深呼吸してもう一度チャレンジしましたが、それでも計算があいません。
 一瞬、頭の中が真っ白になりましたが、いくばくか考えた後気を取り直し、3回目のチャレンジは諦め、そこの計算は棄てても残った時間で他の問題・記述で勝負することにしました。
 時間が不足し答えを直接解答用紙に書き、再現答案の作成ができませんので、今回は問題用紙の走り書きを列挙するだけの答案です。

第1問
・売上高対総利益率(比率メモ無し。答えは何か書いた。)
・流動比率(同上)

第2問
(設問1)不正解
(設問2)売上大、経利改善。短期借入金依存、金利負担大。

第3問
(設問1)998
(設問2)43.75%と走り書きしてあるので、できていたと思う。

第4問
(設問1)5.56(笑)
(設問2)(a)5(b)メモは無いが、逆に書いたのだろうか。

 試験が終了して外に出ると、あたりは暗かったような記憶があります。
 自分には勢いがある、何とかなるはずだという根拠の無い期待と、これで上位20%以内は無理だろうという無念さが交錯し、活気あるキャンパスを去りました。

 再現答案を作って感じたのは、失敗したと思った財務の失点は許容範囲で、他の科目、特に事例3で小手先で書いてしまった答案が悔やまれます。
 全体を通して、何かお気づきの方がいらっしゃいましたら、ぜひコメントをお願いします。
[PR]
by ki_ta_san | 2006-01-12 00:24 | 診断士